PANACEA pharma E.O.B.B.D. の成分分析表

エルバ・エルヴェティカ E.O.B.B.D.の成分分析表
 
◆“PANACEA pharma” の成分分析表

 エッセンシャルオイルに含まれている成分名とその割合(%)が分かるるように、ロットごとに
 GC/MS(GC=ガスクロマトグラフィー/MS=マススペクトル)によって分析された結果を完全な
 波形データとともにすべて公開しています。
 可能な限りの分析を行うことによって、人工香料や有機溶剤などの混入、精製などが一切行われていないことが
 科学的に証明されています。分析書には必ず分析責任者のサインが入っています。

 ※下記の成分分析表では不十分です

  ・波形データのない成分分析表 (波形データと成分名、%が一致していること)
  ・ガスクロマトグラフィーのみで分析された成分分析表 (マススペクトルによって質量分析されていない)
  ・分析責任者の直筆のサインがない成分分析表(分析の責任の所在)


◆エッセンシャルオイル、植物油のロット毎の成分分析表はサイト閲覧となりました。

 ご購入された方はこちらから分析表をご覧ください → クリック
 分析表を閲覧するには製品のラベルに表示してあるLot番号(=パスワード)が必要です

 


 PANACEA pharma 成分分析表の特長




1.原語(英語・フランス語)での表記


 “PANACEA pharma” のエッセンシャルオイルは原語(英語・仏語)の成分分析表が添付されます。
 加工やねつ造を避けるためであり、偽証や訂正などの不正を防ぐためです。



2.波形データの公開

 成分のピーク波形を示すガスクロマトグラムと成分特定のマススペクトルによる分析結果をそのまま公開。
 主要成分の成分名と%だけを表示している分析表では、分析された事実、偽証や書き換え、
 また合成成分の添加や汚染などの不正を見抜くことができません。



3.分析責任者のサインの明記

 誰がこの分析結果に責任を持つかを明確にし不正を防いでいます。
 PANACEA pharma” エッセンシャルオイルの成分分析表には分析責任者のサインが明記されています。
 サインのない成分分析表は分析の責任は誰にあるのか等の所在が分かりません。



4.分析機器の名称とカラムの詳細、分析条件などの明記 



日本エステル社 EOBBD の成分分析表

日本エステル社 EOBBD の成分分析表
     成分分析表
border
EOBBD 精油の成分分析表の読み方日本エステル社 EOBBD 精油の成分分析表の読み方
border
  学名、ロット番号、慣用名、CAS番号、原産地、生育条件、生育段階、抽出部位、抽出方法、生理機能特性成分、残留農薬検査

     フランス語 / 英語

     ・Nom botanique / Botanical name :学名
     ・Lot N°/ Batch N° :ロット番号
      ・Nom commun / Common name  :慣用名
     ・N°CAS /CAS N°:CAS登録番号(CAS registry number)とは、アメリカ化学会が発行している10桁の化合物番号
     ・Origine géographique / Geographical origin (GO) :原産地
     ・Mode de culture / mode of culture :生育条件
     ・Stade de développement / Stage of development (SD) :生育段階

      fleurs(花) plante fleurie(花咲草) plante entiére(全草) zestes expresses(果皮圧搾) rameaux(小枝)
      bois(木部) gomme résine(ゴム樹脂) baies(漿果) feuilles(葉) aiguilles(針葉) amandes(仁)
      boutons floraux(花蕾) écorce(樹皮) fruits(果実) graines(種子) griffes(茎) herbe(草)
      plante fructifiée(結実草) racines(根) résine(樹脂) rhizomes(根茎・地下茎)
      semences immatures(未成熟種)

     ・Organe distille / Distilled organ (DO) :抽出部位
     ・Mode d'extraction / Mode of extraction (ME) :抽出方法

      distillation à la vapeur d'eau / steam distillation (水蒸気蒸留法)
      expression / expression (圧搾法)

     
・Spécficité biochimique / Biochemical specificity (BS) :天然特性成分
     ・Résidu de pesticides / Pesticide residues : 残留農薬検査の結果

      ヨーロッパ薬局方5局 (European Pharmacopoeia 5th EDITION)で定められた規格に則り
      有機塩素系、有機リン系、合成ピレスロイド系、ジチオカーバメート系の残留農薬検査を
      蒸留釜ロット毎に行っています。

  ガスクロマトグラム(GC)

        
      ガスクロマトグラフィーは揮発性物質の分離、同定に適する分離分析法です。
      微量成分の測定や多数の成分を一度に分析することも可能です。
        
      ガスクロマトグラフを使った分析法はガスクロマトグラフィーと言い、
      ガスクロマトグラフからの信号を記録した測定データをガスクロマトグラムと言います。
      グラフの横軸はサンプルが注入された時からの経過時間を表し縦軸は検出された成分のピークを表します。
      キャピラリーカラムと呼ばれる細いチューブにサンプルを通すことにより、多くの成分が含有している精油を分離します。
        
      ガスクロマトグラフ単独の測定ではピークの極小さな微量成分の特定ができません。

               
    ◆検出器について

      ガスクロマトグラフには物質に応じて様々な検出器があります。

      ・熱伝導度型検出器(TCD:Thermal conductivity detector )
       初期から最も多く使用されている万能検出器

      ・水素イオン化検出器(FID:Flame ionzation detector )
       温度変化に影響されず、水や二酸化炭素以外はほとんど成分検出が可能な高感度の検出器

      ・電子捕獲型検出器(ECD:Electron capture detector )
       電子と結合する特定成分の親電子物質に対して極めて高い感度を示す検出器で
       残留農薬やPCB等の残留などの分析に用いられる

     その他の検出器
      ・炎光光度検出器(FPD:Frame photometric detecter )
      ・フレームサーミオニック検出器(FTD:Frame thermionic detector )
      ・光イオン化検出器(PID:Photo Ionization detector )
      ・ヘリウムイオン化検出器(HeID:Helium ionzation detector )など

  GS/MS成分分析の分析条件

     ・Conditions opératoires / Operating conditions :分析条件
       分析システム CPG5890/MS5970 Hewlett Packard - CPG5890/FID
    
     ・Colonne / Column :キャピラリーカラム

     ・HP innovax , polar , 60m x 0.25mm x 0.5μm
       HP innovax , polar(キャピラリーカラムの種類) 60m(カラムの全長)0.25(内径 mm) 0.25(膜厚 μm)

     ・Prog.t. oe température / Tempereture program :分析器の設定
       50℃ : 6min , 50℃ > 120℃ : 2℃/min : 120℃ → 250℃ : 2℃/min 250℃ 20min
       :(温度設定 50℃で6分 その後50℃から120℃まで毎分2℃ずつ上昇させる。
        さらに120℃から250℃まで毎分2℃ずつ上昇させる。250℃まで達したら20分間保つ。)

     ・Gaz vecteur / Carrier gas Helium 30psis/FID ・ 23 psis/MS
       Volume injecte 1μl de 5% dans Hexane/ Volume injected 1μlsplit

       :(キャリアガスとしてヘリウムを使用FIDに30psi(210キロパスカル)の圧力を、
        MSに23psi [160キロパスカルの圧力を掛けています]
        試料の精油をヘキサンで5%に希釈、1μl自動注入されています。

             ・FID(ガスクロマトグラフ FID-GC)……低級炭化水素等の高感度分析、香気成分分析器
             ・MS(マススペクトルメーター)……ガスクロマトグラフによるデータを解析する質量分析器

  ガスクロマトグラフとマススペクトルメーター(質量分析器)による成分の特定

     “PANACEA pharma” E.O.B.B.D. のエッセンシャルオイルは
     小数点以下の非常に微量な成分まで特定、構造決定されています。
     
        GC/MS(Gas chromatograph - Mass spectrometer )
    
      分離分析に優れるが定性能力に欠けるガスクロマトグラフ(GC)と
      定性能力に優れるが分離能力に欠けるマススペクトル(MS)とを一体化させた分析装置

      ガスクロマトグラフに設定された温度とガスを注入し検出器で検出されるまでの時間は
      物質によって固有の時間を持っています。これを保持時間(RT:Retention time)と言います。
      クロマトグラフではこの時間とピークが上記のようにグラフとなって表れます。
      ガスクロマトグラフのみの検査ではピークの非常に小さな微量成分を同定・定量することが出来ません。”

      つまりガスクロマトグラフのみでの測定では分離手段としては優れていますが、
      分子の成分構造の情報はほとんど得られません。
      精油を注入してからピークの頂点が現れるまでの時間に頼っているため確実な推定は出来ないからです。

      正確な成分特定をするためにはガスクロマトグラフで成分を分離し、その後分離された成分を
      マススペクトルメーターと直結することで確実に物質を解析処理する必要があります。
      つまりメディカルグレードのエッセンシャルオイルを使用するためには
      マススペクトルによるデータ解析システムが必要になるということです。
        
        
  分析責任者のサイン

      『Jacqueline AZEMAR』が分析の全責任を負っています。
      “PANACEA pharma” E.O.B.B.D. のエッセンシャルオイルの成分分析表には必ず分析責任者のサインが明記されます。
      
      【どこの誰がこの分析結果に全責任を持つか】

      を明確にし分析結果の責任の所在不正を明らかにし、不正を防がなければなりません。
      また責任者が直筆でサインをすることにより自らが成分分析表を作成したという事実も残ります。
      直筆のサインがないものは信頼性がありません。
      
      ◆直筆サインはセキュリティー(不正使用など)の危険を伴うため ホームページ上ではモザイク処理をさせていただきます。



分析責任者のサイン


Copyright(C)2005 harmonie-aroma,Inc. All rights reserved
.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】